マッサージ店初心者さんへ【基礎知識】


マッサージ店に初めて行く人へ向けた基礎知識をご紹介します。
こういうところを気を付けたほうが良いと言うマナー的な事も書かせていただきますので、是非参考にしてみてください。

予約はするべきか

これは『するべき』です。
というのも、お店の人も事前に予約を貰っていた方が施術へのモチベーションを持てるからです。
待たされないというメリットもありますが、セラピストの方も人間ですので予約をしてもらったほうが心の準備が出来ますし施術がやりやすいと思います。
お店の事も考えて、予約はしましょう。
 

身だしなみはどうするべきか

まず着るものなのですが、お店に着替えが置いてある場合とそうでない場合があります。
また、着替え代として料金とは別に支払うところもあれば、無料なところもありますので事前に確認しておきましょう。
着替えずすのまま施術に入るお店もありますので注意して下さいね。
次に化粧なのですが、ボディケア系のお店ではして行っても大丈夫です。
ただうつ伏せになる事もありますので、メイクが崩れる可能性があり、終わってからデートなどの予定がある人はメイク直しの時間をを取っておきましょう。
最後に、あまりにも汗をかいてしまったり、お風呂に入っていないままマッサージに行くのはマナー違反です。
清潔な状態でお店に行きましょう。
 

強さの加減とかは言っていいのか

これは『絶対に言いましょう』。
セラピストの方は力加減をものすごく気にしてくれています。
というのも、強く揉んでしまうと筋肉を痛めてしまう可能性がありますし、強揉みはセラピストの人にとっても間接に負担がかかりますので、痛かったり強かったりしたら必ず伝えるようにしましょう。
また、要望を伝えるときは分かりやすいようにしてくださいね。
「肩が辛いんです」
というだけでは、セラピストの人もどうすれば良いか範囲が広すぎます。
「肩が辛いんですけど、特に首にかけてで右の方が重い気がします」
という風に具体的に伝えましょう。
※あまりにもひどいセラピストさんでなければ、向こうがこちらの要望を言いやすいように引きだしてくれます。ですので、分かりやすく伝えれば良いんだなと意識するだけで大丈夫です。
 

途中でトイレとかには行けるのか

『行けます』
むしろ我慢しないでください。
セラピストの方に言えば必ずトイレの時間をとってくれますし、良心的なお店であればその時間はタイマー(施術時間を計っている)を止めてくれるでしょう。
また、おならやお腹がなる音も我慢しなくて良いそうです。
もちろん、施術を受ける前にはトイレに行っておくとか、直前に食事を取りすぎないとか、気を付けるべきですよ。